気管虚脱とは

気管は本来、筒状をしています。
しかし、これが潰れて呼吸ができなくなる病気を気管虚脱といいます。

呼吸を止めると気管は筒状に戻ります。呼吸をするとぺたんと潰れます。空気が強く流れると、その流れが引力となり、より強く気管を潰します。

本来、気管は強くて頑丈な軟骨に囲まれているので、いくら強く呼吸をしても(例えば、走ったあとはぁはぁしたり、げほげほ咳をしたとしても)潰れることはありません。
それが、何のきっかけか軟骨が弱くふにゃふにゃになり気管全体がうすっぺらくなってしまうと筒状の形を保てず、空気の流れのままにぺたんこに潰れてしまうのです。
特に、軟骨のない部分(「膜性壁」といいます)から強くつぶれてきます。原因は遺伝的なもの、よく吠えることや首輪などで頸部をひっぱることによる負荷などと言われていますが、まだその原因がよくわかっていません。

それから気管虚脱は、進行性の病気(手を打たないと症状が悪化します)です。
通常は頸部から始まり徐々に胸部へと進行していきます。老齢の小型犬に多いと言われますが実は若齢ですでに始まっていて、病気が進行して症状がでるのが高齢になってからだったということも多いのです。

気管虚脱の症状

ふにゃふにゃの気管は吸ったとき、頸部が吐いたとき、胸部が潰れます。息を止めれば、筒状に戻りますが、呼吸のたびに気管は狭くなり、ぶるぶると振動するのでぶーぶーがーがーという呼吸音が出ます。「ハンギングコフ」とか、「ガチョウ様の呼吸音」など表現されます。ブタみたいな音がすると言われる飼い主さんも多いです。

病気が進行し重症になると、ついには、つぶれっぱなしでほとんど戻らなくなってしまいます。

症状は、発咳、ガーガーという呼吸音(ハンギングコフ)からはじまりチアノーゼ(酸欠による舌の色の青色変化)、苦しくて夜ねられない(寝る姿勢になると気管が潰れるため頭を起こしていないと呼吸ができない)、そして、失神します。最終的には窒息死を起こします。

症状は徐々に悪化するものもありますが、多くはある日突然、起こります。逆にいうと、無症状のまま気管虚脱を隠し持ち、進行していっていることも多いのです。また、興奮時に悪化しやすく、安静時は落ち着く傾向があります。これは激しい呼吸で気管が潰れやすく、ゆっくりとした呼吸では潰れにくいからだと考えられます。

気管虚脱の診断法

ほぼ確実にレントゲンのみで診断できます。もっと細かく正確に診断したい場合、内視鏡や放射線透視を行うこともありますが、麻酔が必要です。重症な気管虚脱の場合、目を覚ますときに呼吸がうまくいかない可能性があるので検査のためだけの麻酔はしない方が、よいです。麻酔を使う検査の場合は、そのまま手術できる環境で行うことを推奨します。

気管虚脱の治療法

潰れた気管を治すには、気管を広げてやればいいのです。というわけで、外科手術です。

現在はPLLP法という、気管の外側に光ファイバーで作った型(プロテーゼ)を縫い付ける方法があります。アトム動物病院(東京都板橋区)の米澤先生が行っている手術です。

軽症であれば、術後すぐに普通に呼吸できるようになります。重症でも、症状はかなり改善され、病気の進行を防ぐことができます。私もアトム動物病院で勤務医の経験があり、この方法による治療成績がとても良かったので、この方法をお勧めしています。

その他には、ステントという金属のメッシュでできた筒を気管内に入れて広げる方法があります。この方法は気管の中に筒を入れるので、体がその筒を外に出そうと咳が出続けます。手術自体は手技も簡単で時間もかからないのですが、生体反応が激しく、犬にとっては咳の苦しみが残り、実際は数か月から、もって数年という学術データが出ています。

気管切開という方法もあります。頸部気管に穴をあけ、そこから直接呼吸できるようにする手術です。頸部に穴があくため、手術後は非常に感染しやすく投薬はやめられません。常に痰が絡み窒息の危険があるため、数時間置きに気管の痰を取り除いてやらねばなりません(もちろん夜間もです)。犬自身も不快ですが、飼い主もつきっきりにならないといけないので、負担の大きい方法です。

PLLP法と同じく気管の外側に型を縫い付ける方法は、いろんな素材でいろんな形のものが試されてはいるようです。ただし安定した成績を残せている方法はないようです。

その時の状況や、環境によって、ステントや気管切開を行わざるを得ないこともあると思います(明日までもたないような緊急状況で、PLLPプロテーゼが手元にない場合は、気管切開するしか方法がないかもしれません)ただ出来れば気管虚脱にはステントや気管切開は行わずに治してあげたいものです。

内科的にお薬を使う方法もありますが、そのほとんどは対症療法で、潰れた気管を戻すわけではありません。炎症や痰や興奮が、症状の悪化要因になるので、それらを止める薬を使います。まったく効かないことがほとんどですが、一時的に症状が収まることもあります。内服でごまかしながら一生過ごせれば、それでもかまわないのですが、気管虚脱は進行性の病気ですので、現実には症状が再発してしまうことが多いです。また、重症になってからの手術となると体へのリスクも上がりますので、内服薬でひっぱるよりも早めの手術をお勧めします。

気管虚脱と似た症状の病気

①逆くしゃみ症候群

②軟口蓋過長症

③ケンネルコフ

④心不全

⑤肺炎

⑥気管支炎

⑦気管炎

Top